トライズの一年間の料金の総額と英語の効果

トライズの瞬間英作文トレーニングの特徴

トライズの「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の特徴は大きく3つ。

 

「言いたいことが英語で言えない」を解決できる

 

英会話で困るのが、言いたいことがあるのに英語で
何と言えば良いのか分からないときです。

 

例えば「私は昨日ミカンとりんごを食べました」と言いたいとき、
「ミカン」「りんご」という単語が英語で何というのかを知らなければ、
いくら考えても英文は作れません。
この場合は、英単語を学習して語彙力を増やすところから始めなければなりません。

 

しかし「ミカン」「りんご」という単語を知っているにもかかわらず、
瞬時に英文が出てこない場合があります。
また過去形について理解しているはずなのに、
英文を作るときにうまく使いこなせない場合があります。

 

これは、日本語を英語に置き換える回路が弱いことが原因です。
そこで必要なのが瞬間英作文です。瞬間英作文で、
日本語を瞬時に英語にする訓練を何度も行うことで
「言いたいことを英語で言えない」という悩みを解決できます。

 

 

トライズの●

 

 

1表現につき複数の例文がある

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」には以下の表現が収録されています。

 

中学1年生レベルの表現23個

中学2年生レベルの表現34個

中学3年生レベルの表現22個

 

全部で79表現の瞬間英作文ができます。
また「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では、
1つの表現につき瞬間英作文ができる英文が1つ、というわけではありません。
1つの表現につき、10個の例文が収録されています。

 

単語帳や文法書など英作文以外の教材では、
1つの表現につき例文は原則1つだけです。
しかし本書では1つの表現につきシチュエーションや
用途が異なる例文が10個あるので、
その表現でよく使う英文を網羅的に学習できます。

 

また中学1年生レベルから3年生レベルまでレベル分けされているので、
自分にあったレベルだけを学習することもできます。
中学1年生レベルの英語に自信がない方は、
中学2?3年生レベルは解く必要はありません。
また中学1年生2年生レベルに自信がある方は、
あえて中学1年生2年生レベルを解く必要はありません。
最初から中学3年生レベルを解きましょう。

 

 

トライズの●

 

 

例文は簡単なので英語初心者でも安心

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では、
1つの表現につき10の例文が収録されています。
しかしこれらの例文の難易度は、決して高くはありません。
むしろ基本的な単語や文法しか使われていない例文ばかりなので、簡単です。

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では、
簡単な英文ばかりが使われているので、英語初心者でも安心です。
英語初心者の方が英作文教材を手にとっても、
英作文するための例文が難しければ、挫折に繋がってしまいます。
「英語ができない」という感覚は、今後の英語学習にも悪影響になります。

 

瞬間英作文で英語を学ぶ目的は、日本語→英語の回路を鍛えることです。
例文が難しければ、回路を鍛えるのではなく、
新しい英単語を覚えたり、文法を学んだりすることに力を割かなければなりません。

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の簡単な例文で、
確実に瞬間英作文力を鍛えましょう。

 

 

 

トライズの●

 

 

 

 

page top